新着情報
12345
2021/09/17new

令和3年度第3回ホームヘルパー研修会を開催致しました

| by kanri01
令和3年度第3回ホームヘルパー研修会を開催致しました

R3年9月16日(木)

令和3年度第3回ホームヘルパー研修会を開催致しました。今回のテーマは「腰痛予防 疲れ取りとストレス解消のストレッチ」。鹿俣体育研究所 健康運動士の鹿俣由美氏を講師に招き、ご指導頂きました。
ヘルパー研修では毎年恒例となりつつある大人気の講座で、みなさん張り切って受講されました。今回はストレッチがメインで、蓄積された疲労やこりをほぐす所から始まります。老廃物の溜まり易い腋下、膝裏、鼠径部などテニスボールを押し当てコロコロ転がしてみてください。痛くありませんか?痛みは老廃物が溜まっている証拠です。また、痛い時には笑ってみて下さい。笑う事でエンドルフィン(天然の鎮痛剤~痛みを抑えるホルモン~)が分泌され、痛みが緩和されます。「笑い」には想像以上の効果があり、本当に笑ってもわざと笑っても同様の効果が得られるそうです。就寝前にはストレッチで1日の疲れを癒し、たくさん笑って、楽しく元気に過ごしましょう!





12:18
2021/09/13

河北町総合福祉センターの消防訓練を実施

| by kanri01
令和3年度 河北町総合福祉センターの消防訓練を実施

火災などの非常時における利用者等の安全を確保するため、消防法に基づき、消防訓練を毎年実施しています。
9月9日(木)、避難誘導、初期消火、停電を想定し水消火器や発電機を使い手順を確認しながら訓練を行いました。
職員一人ひとり真剣に取り組み訓練を通して防災への意識を高めました。









11:13
2021/07/21

第2回ヘルパー研修会開催

| by kanri01
第2回ヘルパー研修会開催しました
R3年7月15日(木)

令和3年度第2回ホームヘルパー研修会を開催致しました。今回のテーマは「感染症対策」。介護労働安定センター山形支所 ヘルスカウンセラーの青木実枝氏にご講演頂きました。
コロナウイルスが蔓延してから、皆さん感染予防を意識して生活されている事でしょう。マスク、手洗いの重要性はご周知の通りですが、正しくマスク着用していますか?正しく手洗い出来ていますか?今回の研修ではウイルスや細菌の基礎知識や感染経路、富岳の検証データを元にマスクの適した素材や正しい着用方法、正しい手洗い方法や頻度など学習しました。正しいスタンダードプリケーション(予防策)を身に着け、もらわない・うつさない・拡げない感染症対策を行って行きましょう。


11:37
2021/07/12

令和3年度第1回ケアマネジャー研修会開催

| by kanri01
令和3年度 第1回 ケアマネジャー研修会開催

令和3年7月6日(火)

 今年度第1回目は指定居宅介護支援事業所ひいな様より「介護保険制度の改正と各事業所での取り組み」についてご講演いただきました。
令和3年4月に介護報酬改定されことによる加算算定の確認や介護サービス計画書の様式が変わり記載すべき内容も変更となったため各事業所で意見交換を行いました。
 その後情報提供として河北町役場総務課防災危機管理室防災専門員 長谷川清明氏より「河北町災害ハザードマップ」についてご講演いただきました。
 河北町は令和2年豪雨災害により全域に避難指示が発令され家屋の床上・床下浸水や田畑での農業被害、大雨による山間部町道の崩落など多くの被害が発生しました。
 ケアマネジャーが訪問している高齢者の地域の情報を知っておくことも大事なこととお話があり、高齢者は早期の避難が必要なため地域の方々と連携し情報を確認しておくことが必要だと思われました。
 指定居宅介護支援事業所ひいな様、河北町役場総務課防災危機管理室防災専門員 長谷川様お忙しい中ご講演いただきありがとうございました。


11:42
2021/06/29

たんぽぽ研修会に参加(Web研修)しました

| by kanri01
たんぽぽ研修会に参加(Web研修)

6月25日(金)
 『在宅医療・介護連携支援室たんぽぽ』主催によるWeb研修に地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、訪問介護事業所の3事業所から計11名で参加。“ACPを含む意思決定支援を学ぶ”をテーマに、元山形大学医学部看護学准教授の大竹まり子氏よりご講演をいただきました。
 ACP(アドバンス・ケア・プランニング)とは、「人生の最終段階における医療・ケアを考えておくこと」です。ACPは基本的な意思決定ができる方を対象として行いますが、自分で意思決定をすることが困難な方もいます。そのため、
 「家族に意思決定を迫っているのでは?」
 「本人の意思が共有できていないため、本人が望まないケアを受けているのでは?」
などの懸念がありました。
 医療・介護の支援が必要な方へのケアマネジメントは、利用者主体を基本姿勢とし、十分な情報提供と相談により「自己決定」ができるように支援して「本人の意思を確認」をすることが大事です。
今回受講したことで、私たちは本人の意思決定を支援するにあたり、多職種間で連携をして、本人が少しでも理解しやすい方法を共に考え、本人にとっての最善の導きとなるように心掛けていく必要があると感じました。



11:08
2021/02/24

第6回目ホームヘルパー研修会を開催致しました

| by kanri01
ホームヘルパー研修会を開催致しました
令和3年 2月18日(木)
第6回目のホームヘルパー研修会を開催致しました。年度最後の研修会との事で会長を招き、日頃の訪問活動への激励の言葉を頂きました。
今回の研修では、感染症についての動画上映とケース検討会を行っています。コロナウイルス渦巻く中、皆さん気を付けている事ですが、改めて「3密を避ける、マスク着用、手洗い、手指消毒、掃除の徹底、定期的な換気と消毒」と感染症予防の基礎を学びました。日頃から感染を意識して過ごすことが予防へと繋がりますので皆さんも意識してお過ごしください。ケース検討会では4つのグループに分かれ、ケースごとに利用者さんの状態確認や支援内容の確認、問題点を洗い出し対応等について検討し合いました。ヘルパーが一堂に会して話す機会はなかなか無いので、近況や訪問先での悩みなど、活発な意見交換の場となりました。


11:28
2021/01/18

令和2年度 第2回ケアマネジャー研修会を開催

| by kanri01
令和3年1月15日(金) 
令和2年度 第2回ケアマネジャー研修会を開催


今回はコロナウィルス感染拡大防止のためZOOMを利用し研修会を開催させていただきました。
今回は「介護のプロ意識とモチベーションアップ」のテーマで介護労働安定センター 介護人材育成コンサルタント・ヘルスカウンセラーの大泉多美子氏にご講演いただきました。
大泉先生には、令和2年12月に訪問介護事業所向けにご講演いただき、研修内容がケアマネジャーにも通ずるところもあり今回研修をお願いしご講演いただきました。
介護のプロであるということで、自分のスタンスを保ちながら一定の距離を取り、聞き取りの際に相手に合わせて話しを聞くが、感情には巻き込まれず表情や言葉の差異を見極める。受け取り方も相手の話している言葉通りには聞かずどこまでが事実か客観的にみる。
こちらからの伝え方も口頭や文字など相手の合わせて分かりやすい方法で伝えることが大事だとお話しをいただきました。
ケアマネジャーや包括は相談業務が多く、この講義で学んだことを今後のケアマネ業務に活かせていけると思います。大泉先生お忙しいところご講演いただき本当にありがとうございました。


12:18
2020/12/10

ホームヘルパー研修会を開催致しました

| by kanri01
ホームヘルパー研修会を開催致しました

令和2年12月4日(金)第5回目のホームヘルパー研修会を開催致しました。今回のテーマは「介護のプロ意識とモチベーションアップ」。介護労働安定センター 介護人材育成コンサルタント・ヘルスカウンセラーの大泉多美子氏にご講演頂きました。
モチベーションを下げる原因の1つはストレスです。ストレスは解決が難しく、何にストレスを感じるかは人それぞれ異なります。自分がどんな事でストレスを感じやすいか把握し、事前に心構えをして立ち向かう事が大切です。また、介護のプロ意識という事はどういうことか。利用者様との距離感、話の聞き方、伝え方、受け止め方など技術以前の意識やコミュニケーションについて学びました。どの利用者様にも好きでも嫌いでも一定で公平なサービスを、過剰なサービスや信用しすぎる事はNG、全員と一線引く事が私たちを守り、トラブルに巻き込まれない対策となります。意思を伝える際には、Iメッセージやクッション言葉を上手に使い、断り方は「××は出来ない」を「〇〇なら出来る」と言い換えるなどの工夫で、相手の心まで伝わりやすくなります。
何の悩みもストレスも無い人はそういないと思います。1人で抱え込まず誰かに相談する事で、話しているうちに自分の気持ちに気付き、整理が出来ます。
心も体も元気に、やりがいを感じながら働けることが1番ですね!


09:36
2020/11/10

ボランティアフェスティバルの開催

| by kanri01
ボランティアフェスティバルの開催

 10月31日(土)に河北町総合福祉センターで、第12回ボランティアフェスティバルを開催しました。
 今年は例年より規模を縮小し、新型コロナウイルス感染症拡大防止策をした上で、手話通訳者を配置して、社会福祉功労者表彰式と講演会の2本立ての内容で開催しました。
 表彰式では、一般社会福祉功労者と社会福祉事業関係者功労者として2名の方が受賞されました。おめでとうございました。
 講演会では、今年の7月豪雨災害の際に、河北町社会福祉協議会で初めて災害ボランティアセンターを開設・運営した時、ご指導くださったウェザーハート災害福祉事務所代表の千川原公彦氏より、「災害ボランティアと地域との関わり」と題し、ご講演いただきました。
 7月豪雨の様子を振り返り、災害ボランティアセンターの役割について学びました。
 河北町でも災害が起きて間もないこともあり、参加者は関心深く耳を傾け、具体的事例を踏まえた地域の取り組みや災害の備え、防災について理解を深めていました。
 また、屋外では河北町赤十字奉仕団(婦人会)が炊き出し訓練を行い、出来あがったご飯は、講演会終了後に参加者へ配りました。

 今後、より一層地域のつながりが大切になると改めて思いましたので、社会福祉協議会としても「河北町に住んで良かった」と思ってもらえるように、地域福祉の推進に努めていきたいと思います。


10:33
2020/11/06

令和元年度 河北町老人クラブ連合会年間スポーツ大会

| by kanri01

令和元年度 河北町老人クラブ連合会年間スポーツ大会


河北町老人クラブ連合会では、毎年様々なスポーツ大会を開催しています。
今年は、台風などの影響により延期になる大会もありましたが、皆さんケガも無く、日頃の練習の成果を大いに発揮し、親睦を深めることができました。

9月26日(木)第21回河北町ペタンク大会  ひなの湯東公園



10月24日(木)第36回河北町高齢者ゲートボール大会  ひなの湯東公園

始球式:森谷 俊雄町長


優勝:西里チーム


後援:山形信用金庫谷地支店

11月1日(金)第26回河北町グラウンドゴルフ大会  河川敷公園




11月21日(木)第13回河北町公式ワナゲ大会  遊蔵



祝辞:森谷 俊雄町長

優勝:吉田長寿会

個人ハイスコア賞:工藤 トシ子 様(吉田長寿会)

老人クラブ連合会の情報はこちら

11:58
12345
 



 


 
社会福祉法人
河北町社会福祉協議会

〒999-3511
西村山郡河北町谷地甲2325番地の2
電話  0237-72-7800
FAX 0237-72-2941
メールアドレス syakyoh@tmt.ne.jp