河北町社会福祉協議会

TEL.0237-72-7800

報告

第5回ホームヘルパー研修会を開催致しました

R4年11月17日(木) R4年度 第5回ホームヘルパー研修会を開催致しました。今回は、紙オムツを取り扱い、介護に関わる様々な場所で講演を行ってくださっているOさんをお招きし、紙オムツについて勉強させて頂きました。オムツのサイズは少し大きいくらいが安心、尿漏れが心配ならパットを追加すれば安心!と思っていませんか?大間違いです。漏れを防いで快適に過ごして頂く為には4つのポイントがあります。 オムツの […]

第4回ホームヘルパー研修会を開催致しました

R4年10月20日(木) R4年度 第4回ホームヘルパー研修会を開催致しました。今回は「ストレス解消、セルフケア等の体操教室」との事で、フィットネスインスト楽ターの小野淳子氏を講師に招き、ご指導頂きました。効果のあるツボや浮腫み・冷えに効く凝りのほぐし方、流し方など指導の下ほぐしていくと「痛~い!」「あったかくなった!」と賑やかに皆さん楽しまれておりました。体操教室終了後は身体も軽く、柔らかく、ス […]

第2回ホームヘルパー研修会を開催致しました

R4年7月21日(木) R4年度 第2回ホームヘルパー研修会を開催致しました。今回のテーマは感染予防対策です。公益財団法人 介護労働安定センターのヘルスカウンセラー長岡咲子氏にご講演頂きました。コロナウイルス終息の兆しが見えない昨今、感染予防対策は医療従事者や介護関係だけの話ではありません。全ての人がスタンダード・プリコーションを体得し、感染症を「持ち込まない」「拡げない」「持ち出さない」事に配慮 […]

河北町民生委員児童委員協議会高齢者部会学習会に参加しました

河北町民生委員児童委員協議会高齢者部会より、学習会講師依頼を受け、令和4年7月11日に、地域包括支援センター職員2名が参加させていただきました。地域住民の方々のために、日々活動されている民生委員さんの皆さまに地域包括支援センターの活動内容やケアマネジャーやヘルパーについて、また事例をあげ民生委員さんとの関わりについて事例を通して、お話しさせていただきました。地域包括支援センターは、より住民に近い立 […]

第1回ホームヘルパ―研修会を開催致しました

R4年5月19日(木) R4年度 第1回ホームヘルパ―研修会を開催致しました。年度の初めは「法令遵守」について学ぶことが恒例となっています。事務局長よりご講演頂きました。適正に事業を行うには、関係法令等を熟知し、法令等に従わなければなりません。制度は改定を繰り返し、より働きやすく、生活しやすく変化していきます。その為、何度でも学習する必要があります。今回は条例や法律以外にも、虐待や身体拘束、ハラス […]

あったか介護ありがとう

~あったか介護ありがとう~ 介護職への興味・関心を高めることを目的とした「高齢者を元気にするレシピ」募集がありました(東北文教大学)。河北町社会福祉協議会からも冨樫ヘルパーが応募したところ、見事!特別賞を受賞致しました。食欲が出るよう色彩を良くし、柔らかい中にも海老や枝豆で食感を取り入れ噛む力を引き出したいという、冨樫ヘルパーの工夫や想いが込められた宝石椀です。ケアでも調理でも、相手を思いやり愛の […]

令和3年度 第6回 ホームヘルパー研修会を開催致しました

R4年2月17日(木)令和3年度第6回ホームヘルパー4研修会を開催致しました。年度最後の研修会は毎年恒例、ケース検討会です。3つのグループに分かれ、支援内容の確認と問題点、今後の課題等について話し合いました。ヘルパーが一堂に集まり、意見交換し合える機会は少なく、日頃感じている疑問や悩み、それに対する分析や助言など活発に意見交換が行われました。一年に一度の全体ケース検討会は、ヘルパー同士のコミュニケ […]

民協谷地地区会議・居宅介護支援事業所講演

毎年、一人暮らしや高齢者世帯が増えており、私たち社協のケアマネジャーはその人の生き方を知ることで、人生の終盤はどんな生き方を希望するのか、少しでもヒントになれば、その人らしい生き方をお手伝いできるのでないかとおもっております。地域のことを把握している民生委員さんと、情報交換しながら高齢者の生活を支援できるようにしていきたいと思います。

令和3年度 第5回 ホームヘルパー研修会を開催致しました

R3年12月10日(金) 令和3年度第5回ホームヘルパー研修会を開催致しました。今回は日本赤十字社山形県支部の植松指導員さんにお越し頂き「救急法短期講習 AEDを用いた心配蘇生法」についてご指導頂きました。私たちは日々の業務の中で、緊急事態の現場に遭遇し救急要請が必要になることもあります。突然の事に頭は真っ白、気が動転してしまうかもしれません。そんな中でも、命を守るため私たちに出来ること、するべき […]